会則

第一章  総 則
 ・ 第一条 (名 称) 本会の名称は早稲田大学スキー同好会(WSS)OB会とする。
 ・ 第二条 (目 的) 本会は会員相互の親睦を図ると共に、早稲田大学スキー同好会(WSSの活動を支援する
               ことを目的とする。
 ・ 第三条 (方 針) 前条の目的を達成するにあたり、会員は自主的に活動するものとする。
 ・ 第四条 (資 格) 
        第一項  本会員たる資格は、早稲田大学スキー同好会(WSS)に所属した者が、同大学を卒業する
               ことにより自動的に取得される。
        第二項  本会員たる資格は生存中これを放棄できない。
        第三項  本会の活動に対し重大なる障害となる者は、これを除名することができる。
               除名するためには、総会において出席者の5分の4以上の多数による議決を必要とする。

第二章  会員の権利および義務
 ・ 第五条 (権 利) 会員は本会の計画する各種の活動に参加することが出来る。尚、会員の家族及び知人は、
               会員と共に本会の活動に参加することが出来る。
 ・ 第六条 (義 務) 
        第一項  会員は本会の目的を達成し、かつ円滑な活動を維持するために会費を納入する義務を負う。
        第二項  会費額は総会においてこれを定める。但し、社会の急激な変化がある場合には会長は一時的
               に会費額を変更することが出来る。
        第三項  会長は次に該当する場合には、当該会員の会費を免除することが出来る。
               (1) 会員が遠隔地に居住し、本会の活動に十分参加出来ないとき。
               (2) 会員が本会の活動に大いに貢献した時。
               (3) その他、会長が適当と認めた時。

第三章  機 関
 ・ 第七条
        第一項  本会の主要機関として総会、会長、副会長、幹事長、監査、事務局を設ける。
        第二項  必要と認める補助機関は、会長の決定に従ってこれを設けることが出来る。

第四章  総 会
 ・ 第八条 (構 成) 総会は本会の会員によって構成する。
 ・ 第九条 (任務及び権限)
        第一項  総会は本会の最高決議機関である。
        第二項  会長、副会長、幹事長、監査、事務局の任命、会則の改正その他重要な問題は総会の決議
               を必要とする。但し、緊急の場合には、総会の事後の承認を以って議決と同様の効力を有す
               るものとする。
 ・ 第十条 (招 集) 総会の招集は、会長がこれを行う。 但し、幹事会の要求があれば、会長はその招集を行
               わねば」ならない。 少なくとも一年に一度は総会を招集しなければならない。
 ・ 第十一条 (表決、定足数)
        第一項  総会の各構成員は1個の議決権を有する。
        第二項  総会における議決は、出席会員の過半数によって行われる。 但し、会則の改正、会員の
               除名に関する議決は出席会員の5分の4以上の多数によらねばならない。
        第三項  総会は会長またはその代理を含む30名以上の会員の出席がなければ議決することが
               出来ない。 但し、会員の増加に応じて会長は定足数の増加を総会に勧告することが出来る。


第五章  会 長
 ・ 第十二条 (資 格)
        第一項  会長は本会員の中から総会の議決でこれを指名する。
        第二項  会長の任期はこれを定めない。 但し、会長の職務を維持出来ない事情が生じた場合は、
               会長は総会の承認を得てその地位を退くことが出来る。
 ・ 第十三条 (任 務)
        第一項  会長は本会の迅速かつ有効な活動を維持するために、必要な措置を講じなければならない。
        第二項  会長は本会の会則並びに総会の議決を尊守し、本会に対して忠実にその職務を遂行する
               義務を負う。
 ・ 第十四条 (権 限)
        第一項  会長は本会を代表する。
        第二項  会長は本会の円滑な活動を維持するために、補助機関の設置その他の支持をすることが
               出来る。

第六章  副会長
 ・ 第十五条 
        第一項  副会長の資格、任務、権限については、第十二条、第十三条、第十四条に準ずる。
        第二項  副会長の定員は数名とする。
        第三項  副会長は、会長を補佐し、会長の指示がある場合には会長を代行する。

第七章 幹事会
 ・ 第十六条 (構 成)
       第一項  幹事会は、会長の勧告に基ずいて総会が任命し、各卒年一名以上のメンバーにより構成される。
       第二項  幹事の任期はこれを定めない。
 ・ 第十七条 (任務及び権限)
             幹事会は会長を補佐し、本会の迅速かつ有効な運営を確保するために必要な各種の活動を行う。
             (補足)  総会及びOBスキー大会開催、OB名簿作成等の幹事は卒業後一年目のOBが担当する。

第八章  事務局
 ・ 第十八章 (構 成)
       第一項  事務局長及び事務局員は、早稲大学卒業後一年目のOBの中から選出され総会が任命する。
       第二項  事務局は、会計係及び庶務係により構成される。
 ・ 第十九条 (任務及び権限)
       第一項  事務局は、本会の円滑な活動を維持するために幹事会の要請に基づき、会計、庶務、その他必要
              な仕事をしなければ
       第二項  会計係は、別に定める監査役により年一回の監査を受けるものとする。

第九条  その他
 ・ 第二十条     早稲田大学スキー同好会(WSS)OB会会員は、本会の目的に合致する正当な会長の行為により
             生じた責任につき、連帯してこれを負うものとする。
 ・ 第二十一条   早稲田大学スキー同好会(WSS)OB会会員は、スポーツマンの名誉にかけて本会の目的を達成
             するために努力しなければならない。


以上